ここから本文です

LSM Team

Professional

木村 廣道

代表取締役 パートナー

協和醗酵工業(株)医薬事業部、モルガン銀行 企業買収グループ バイスプレジデントを経て、アマシャム・ファルマシア・バイオテク(株)代表取締役社長(現在のGEヘルスケア・ジャパン(株)) 、日本モンサント(株)代表取締役社長(現在のファイザー(株)) 、ヒュービットジェノミクス(株)代表取締役社長を歴任。2000年8月に(株)ライフサイエンスマネジメントを設立し代表取締役社長パートナーに就任(現任)。2004年3月に(株)ファストトラックイニシアティブ(FTI)を設立し代表取締役パートナーに就任。

2002年より、東京大学大学院薬学系研究科ファーマコビジネス・イノベーション教室特任教授、2013年より臨床発実用化マネジメント人材養成拠点東京大学医療イノベーションイニシアティブ事業推進責任者および公益財団法人川崎市産業振興財団ものづくりナノ医療イノベーションセンタープロジェクト統括を務める。東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)企画委員及び講師。一般社団法人医療産業イノベーション機構理事長。(独)科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター特任フェロー。経済同友会幹事、日本スタンフォード協会副会長。

東京大学薬学部卒業。同大学大学院薬学系研究科博士課程修了。薬学博士。米国スタンフォード大学大学院ビジネススクール修了。MBA。

共著に、「企業トップが語る『医療・ヘルスケア』ビジネス最前線-変貌する巨大市場に挑む-」、「変身を加速する医療ビジネス再編のリーダーたち」、「食と健康に本気な企業たち:コンシューマー・ヘルスケア市場への挑戦」、「医療経営イニシアティブ」、「医薬品産業日本の競争力―プロたちが語る『医療ビジネス』」、「医療イノベーション 日本の実力」、「医療産業の変革 劇的なタイミング」、「日本経済復興の起爆剤 検証 医療産業イノベーション」(いずれもかんき出版)がある。

トップヘ戻る


安西 智宏

パートナー

コンサルティング会社のアーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社に入社し、国内外のバイオ系企業の経営コンサルティング活動に従事。 医薬品メーカー、診断薬メーカー、研究開発支援機器・試薬メーカー、食品メーカーなど、ライフサイエンス・ヘルスケア領域幅広い企業の経営課題を扱う。 全社戦略立案・実行支援を中心に、R&D戦略立案、事業戦略立案などに関与。2006年1月より (株)ファストトラックイニシアティブおよび(株)ライフサイエンスマネジメントに参画。

他に、東京大学総長室トランスレーショナル・リサーチ・イニシアティブ機構特任准教授、京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 客員准教授、東京大学薬学部 非常勤講師を兼任。2012年には内閣官房 医療イノベーション推進室に在籍。経済産業省「再生医療の周辺産業に関する調査委員会」委員、大阪商工会議所 事業化アドバイザー(医療機器)。

東京大学理学部生物学科卒業。同大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員。博士(生命科学)。

トップヘ戻る


佐藤 正晃

プリンシパル

三菱電機(株)SunMicrosystemsを経て 日本マイクロソフト株式会社 パブリックセクター 部長、日本地区医療部門の統括責任者として組織の新規立上げを実践し、医療機関向けマーケティング施策の立案と展開、院内ITシステムや地域医療連携システムの展開を行う。

バイエル薬品株式会社Eマーケティング部長、ニューチャネルマーケティング部長を歴任し、デジタルマーケティングチーム設立や新薬上市や長期収載品に対応した薬剤マルチチャネルマーケティングの戦略的展開やプロモーションのROI分析や疾患啓発アプリ構築や医師薬剤師患者向けポータルサイトの大規模リニューアル、MRのデジタル資材の活用の取り組み推進等の製薬企業の様々なマルチチャネルマーケティング施策の戦略策定や実施を行う。2015年、ライフサイエンスマネジメント及びファストトラックイニシアティブに参画。

明治大学商学部産業経営学科卒業、一般社団法人 医療産業イノベーション機構 主任研究員、公益財団法人川崎市産業振興財団 ナノ医療イノベーションセンター 研究員(医療ICT分野)等

トップヘ戻る


奥山 元

マネージャー

学位取得後住友製薬(株)に入社、研究業務に従事。途中、DNAVEC研究所に出向し、遺伝子治療ベクターの研究開発業務に従事。その後、ライフサイエンスマネジメント、ファストトラックイニシアティブ、ビー・エイチ・ピー(旧バイオテックヘルスケアパートナーズ)で、バイオ・ヘルスケア領域の投資業務及びスタートアップ企業のインキュベーションに約12年間従事。POCクリニカルリサーチを経て2013年10月より、ライフサイエンスマネジメント及びファストトラックイニシアティブに参画。

東京大学薬学部卒業。東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了、博士(薬学)。

トップヘ戻る


木村 紘子

マネージャー

コンサルティング会社である株式会社シグマクシス(三菱商事とRHJインターナショナルの共同出資会社)に入社し、戦略グループにて経営コンサルティング、M&Aアドバイザリー活動に従事。ライフサイエンス・ヘルスケア領域、情報・通信領域等幅広い業界の企業の経営課題を扱い、中期経営計画策定、新規事業戦略立案、新事業領域・海外展開に向けた提携・買収支援などに関与。

2013年8月より (株)ファストトラックイニシアティブおよび(株)ライフサイエンスマネジメントに参画。

東京大学理学部生物化学科卒業。同大学大学院理学系研究科修士課程修了。同大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士。

トップヘ戻る


金澤 祐子

アソシエイト

コンサルティング会社のアーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社に入社し、国内外の製造業(製薬メーカー等)を中心とした経営コンサルティング活動に従事。R&D戦略、新規事業開発、組織改革等の幅広い経営課題を扱う。 その後、新生銀行にて、子会社のハンズオンでの経営改革ならびにグループ全体を通じたマーケティング戦略の立案と展開を実施。

2015年7月より (株)ファストトラックイニシアティブおよび(株)ライフサイエンスマネジメントに参画。

お茶の水女子大学理学部卒業。東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程修了(生命科学)。IESEビジネススクール修了。 MBA。

トップヘ戻る


芳賀 孝信

アソシエイト

株式会社日立製作所中央研究所に入社し、遺伝子解析装置(DNAシーケンサ)の研究開発に従事。光学系に関する多数の論文発表と特許出願によりコア技術の強化に貢献。株式会社日立ハイテクノロジーズに出向。米国バイオ企業との共同開発プロジェクトに設計者として参加し、DNAシーケンサ装置およびアップグレードキットの製品出荷に貢献。中央研究所に戻り、次世代DNAシーケンサの研究開発を主導。在職中、東京農工大学にて博士号を取得。2016年1月より (株)ファストトラックイニシアティブおよび(株)ライフサイエンスマネジメントに参画。

東北大学理学部化学科卒業。大阪大学大学院生命機能研究科修士課程修了。東京農工大学工学府生命工学科博士課程修了。博士(工学)。IE Business School修了。MBA。

トップヘ戻る

Industry Expert

前田 祐二郎

インダストリーエキスパート

2006年より東京大学医学部附属病院・顎口腔外科および救急部・集中治療部にて臨床診療に従事した後、2013年には大塚製薬株式会社医薬品事業企画部で海外事業に従事。2014年にはスタンフォード大学の医療機器発明起業人材育成プログラムであるスタンフォード・バイオデザインプログラムGlobal Faculty研修を修了。シリコンバレー周辺の医療機器産業エコシステムに精通。

2014年7月より、東京大学医療イノベーションイニシアティブ特任助教(医療福祉工学開発評価研究センター所属)として、バイオデザインの導入計画を推進。併せて、東京大学スーパーグローバル大学創生支援戦略的パートナーシップ構築(スタンフォード大学)担当。他に、東京医科大学病院兼任助教として臨床に従事。

公益社団法人日本口腔外科学会認定医。

九州大学歯学部歯学科卒業。歯科医師。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。医学博士(外科学専攻)。

トップヘ戻る


福田 益子

インダストリーエキスパート

中外製薬株式会社にて、複数疾患領域における医薬品の科学的評価、市場調査、事業性評価、ポートフォリオ分析に従事。開発情報部長、調査部長を歴任し、R&D意思決定会議体メンバーとしてR&D戦略立案・推進に参画。また、シニアプロフェッショナルとして市販後の安全管理業務におけるリスク評価体制構築、薬価戦略立案と実践をリード。

2015年9月より、ライフサイエンスマネジメント及びファストトラックイニシアティブに参画。

東京大学薬学部卒業。薬剤師。

トップヘ戻る


仙石 慎太郎

インダストリー・エキスパート

2005年4月より(株)ファストトラックイニシアティブおよび(株)ライフサイエンスマネジメントに参画、2008年1月より現職。

2001年4月にマッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン入社。製薬・ヘルスケア分野の国内外企業の経営コンサルティング活動に従事。全社戦略立案、R&D戦略立案、事業・製品戦略立案、オペレーション強化、M&A支援等の幅広い経営課題を扱う。などに関与。2005年4月に東京大学大学院薬学系研究科ファーマコ・ビジネス・イノベーション教室講師に就任、技術経営・社会薬学分野の教育研究活動に従事。

2008年1月に京都大学産官学連携センター寄附研究部門准教授に就任、2009年4月より物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS)准教授・同イノベーションマネジメントグループ主任研究者、2014年9月より東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科准教授、現在に至る。

他に、京都大学大学院生命科学研究科非常勤講師、東京大学薬学部非常勤講師、特定非営利活動法人京都SMI理事等を歴任。最先端・次世代研究開発支援(NEXT)プログラム「幹細胞科学技術の統合的イノベーション・マネジメントと人材育成・事業化支援」(課題番号LZ009)研究代表。

1996年東京大学理学部生物化学科卒業。2001年同大学大学院理学系研究科博士後期課程修了。博士(理学)。

トップヘ戻る